環境エネルギー事業部

(太陽光発電システム施工販売など)

太陽光発電システムの紹介

エコロジーとエコノミーを両立する太陽光発電システム

太陽光発電システムの概要図

太陽電池モジュール

太陽光のエネルギーから、直流電力を発電します。

太陽電池モジュール

接続箱

太陽電池からの配線をまとめて、パワーコンディショナに送ります。

接続箱


パワーコンディショナ

太陽電池で発電した直流電力を効率よく、家庭用の交流電力に変換します。

パワーコンディショナ

屋内分電盤

パワーコンディショナからの電力を家庭内に分配します。

電力量計

売る電力と買う電力を測ります。


森林に換算すると約4,135平方メートルの広さと同様の効果があります。
二酸化炭素削減

地球温暖化の原因のひとつに挙げられるCO2。太陽光発電システムは、どれだけ発電してもCO2を排出することはありません。例えば4.25kWの太陽光発電システムで得られる1年間の発電量を二酸化炭素削減量に換算すると、4,135m2の森林面積と同じ。わかりやすく言えば、縦64m、横64mという広大な森林と同じ効果があると言えます。


発電量から予測すると1年間で約10万円の電気代が節約できます。

一般的な住宅で4人家族の場合、太陽光発電システムで平均7割の電気代を賄えるといわれていますから、電力会社から「買う」電気は約3割でOK。またソーラーフロンティアの太陽光発電システムの予測発電量から換算すると4.25kWのシステムを設置した場合、1年間で101,087円の電気料金が節約できると予想されます。

ご家庭で使用する電気を賄えるのはもちろん、ご家庭で余った電気は「売る」ことができます。

太陽光発電システムは、文字通り太陽の光を使って電気をつくるシステム。発電できない夜間や雨・曇りなど発電量が少ない時は、従来通り電力会社から電気を「買う」のですが、逆に日中で発電量が多い時は、余った分の電気を「売る」ことができます。

あしたを支える。みんなで支える。

「太陽光発電の余剰電力買取制度」と「補助金」でさらにオトク。

今なら「太陽光発電の余剰電力買取制度」により、発電した電力のうち、ご自宅で使いきることができなかった余剰電力は、電気を買う金額よりも高い1kWhあたり42円で買い取ってもらうことができます。また、太陽光発電には平成23年度は国から1kWhあたり4.8万円の補助金が出ています。その上、地域によっては、地方自治体からも補助金が出ており、さらにオトクです。


  • 太陽光発電システム
  • 太陽光発電システムの紹介
  • 新世代ソーラーパネル
  • 3つの安心品質
  • 太陽光発電システム導入の流れ
  • 集合住宅向け太陽光発電システム
  • コストシミュレーション
  • 製品仕様
  • Q&A